オラクル化粧品 オーガニック

オラクルのおかげ

 

それってどんなの?見たい見たい。


 

その言葉を待ってましたとばかりに、私はオラクルへと手を伸ばします。

 

いつもはみんなの話を聞くだけでした。

 

たまに、持ってきてもらった化粧品をその場で試すこともありましたが、悲しい結果ばかりでした。でも今は逆。

 

 

これオラクルって言うの。試してみる?


 

そっと友人の手へ化粧水やクリームを落とすのは私です。

 

 

あ、なんかいい香り。


 

 

優しい感触だねー。


 

 

ボトルの見た目がシンプルでおしゃれじゃん。


 

 

えへへ。


 

 

って、あんたじゃなくて、オラクルを褒めてるの。


 

気に入ってるものが褒められると、まるで自分が褒められているように嬉しい。

 

 

そうか、そうなんだ。


 

 

どうしたの?


 

広告を出す人も、きっと同じ。

 

広告の品は自分の子どものように大切で、誰よりも輝いてほしいっておもっているはずです。

 

それなのに、一時の感情でオラクルをひいきしてしまった自分を叱りたい気分。

 

 

あ、なんでもないよ。


 

いいんです。私にはこうしてわいわい何でも話せる友人たちがいます。

 

上司の言った通り、プライべートでは思いっきりオラクルをひいきしちゃおう。

 

そう思ったら、気持ちがとっても楽になりました。

 

 

さあ、飲もっか。


 

オラクルのおかげでちゃんと女子になれた私。今日は美味しいお酒が飲めそうです。

 

 

オラクル化粧品。今だけの限定キャンペーンはコチラ

 

 

 

オラクル化粧品ショートストーリー 』を最初から読む

 

 

 

 

オラクルのおかげ|オラクル化粧品お試しセット物語